u-carを処分する際の方法に関する事を、ここらでしっかりと把握していきましょう

ユースドカーを売りわたすさいの手立てというと買取と下取りというのが有りますよね。下取の場合というのは次の自分のくるまのを買う時一緒に今迄のユースドカーを引き受けて頂くというものです。たいてい販売店が引取りをおこなうため価格としてはやや低くなる場合が多いです。

他方、買取りのケースはおクルマ買い取り専門店がやっており、中古の自動車として店頭に並べることを前提に買受け金額を決めるため、どちらかというと高額の買受が期待できるでしょう。どちらにしてもクルマを買い上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買受け価格を決定するための品評がおこなわれることとなります。

評定をお願いする場合に気になるのはリサイクル料となります。u-car審査額で出してもらう金額としてはその所有車そのもののお値段、自分のクルマのに附随するリサイクル料や自賠責保険などを合計したプライスの二種類が存在します。リサイクル料については中古の車をゲットしたさい、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を受けた際に支払いとなりますので、のちに使った車を廃車にして解体する場合に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルするときの料金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

その際の料金はおおよそ、軽自動車なら8000円ほど、国産車であれば約1万円、外国製自動車等であれば1万5千円位、それとは別に2万円位を納める必要性があります。大抵の中古の自動車引き取りであれば、こういったリサイクル料を使用ずみの車の買取り価格とは他のものとして引き取りされることとなりますが、リサイクルの代金を含んで審査の金額となってる場合も有り、引受を望んでいるケースでは事前に確認しておくということが大切な事となります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年9月16日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。