話題沸騰!中古自動車査定制度とのことだけどどうなんでしょう

くるまの下取りや買取の際には、間違いなく査定を行います。この査定とは、売り手側から買い取りや下取りの際にフェアな評価を下す為の作業であり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、その上受け入れられた手続きで行わないとダメなのです。ただし、客側からしたら、査定がどんなふうに行われているのか具体的に把握していなかったり、適正なやり方で実施されているのかは結構知ることが困難なものです。そうはいっても値踏みというのはお車のバリューを決定するとても大事なプロセスである為、考えや方法にさまざまなものがあると社会が混乱する要因ともなるわけです。

そんな混乱を発生させない為にも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」は、キチンとした審査が浸透するように動いている協会であり、消費者が信頼して見積に提出でき、更に納得できる結果となるシステム作りの活動をしています。

分かりやすい中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を育てるために検定を行っており、査定協会がおこなっている学科とスキル研修を受け、その後査定士技能検定試験に合格することで一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。更に査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした心得や規律をもって私たちの車の評定をおこないます。つまり適正な査定を行う為の資格を有している者が鑑定を行いますので、消費者も不安な思いをせずに買い取りまたは下取に車を出すことが可能となるわけです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月6日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。