話題の中古自動車査定制度の感想、所感

マイカーの買い取りや下取りの時には、初めに査定をするものです。査定とは、ユーザーから下取・買取時にフェアな評定を下すための下調べであり、その為にはいろんな方たちから認識され、かつ認められた進め方で行わないと良くありません。とは言っても、こちら側からすると、値踏みがどんな感じでおこなわれてるのか正確には知らなかったり、正当な手順で作業されているのかは結構確認することが出来ないケースがほとんどです。ではありますが値踏みというのはお車の額面を決定するめちゃくちゃ決め手となる過程なので、考え方やその方法に種々のものがあれば社会が混乱する原因にもなるわけです。

そうした騒ぎを発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

日本自動車査定協会という機関は、しっかりとした鑑定が根を下ろすように務めている団体であり、私たちが安堵して見積に提出でき、しかも満足のいく制度作りの動きをしています。

分かりやすい活動内容としては、例えばキチンとした査定士を増加させるための試験をおこなっており、査定協会が実施する学科及び実技の研修を受け、その後査定士技能検定試験に合格することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、健全な知識や責務をもって消費者の愛車の鑑定をしていきます。要は適正な見積のための資格を有している人間が鑑定をしますので、消費者も安心して下取りや買取に車を出すことが可能となるわけです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月9日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。