日本自動車査定協会の取組の感想、所感

中古自動車の買い取りや下取りの際には、必ず査定をやります。この場合の査定とは、売り手側から買い取りや下取りの際に冷静な審査をするための下調べであり、それにはさまざまな人たちから認識され、加えて受け入れられた手順をしないとまずいのです。ですが、こちら側から見るのであれば、値踏みがどのようにおこなわれてるのか正確には知らなかったり、正当な手順で調査されているのかはどうにも認識することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても鑑定自体がユースドカーの価格を決めるとても大事なプロセスですので、やり方や考えに色々なものがあると社会がパニックとなる理由にもなるのです。

そういった騒ぎを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な審査が拡大するように取り組んでいる協会であり、お客さんが無事に車を審査に出せて、そのうえで納得のいくシステムを構築する取り組みをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すとまっとうな査定士を増加させるための試験を実施しており、査定協会がおこなっている学科と技能研修を受けてもらい、そうしてから査定士技能検定試験に成功することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。その上で査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、しっかりとした心得や義務でもってユーザーの車の鑑定をするのです。要するにきちんとした査定を行う為の資格を保有する者が鑑定をおこないますので、お客さんも悩まずに買取とか下取に車を出すことができるのです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年6月22日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。