改めて中古車の査定の感想、所感

ユースドカーの買取では、まず先に車の査定を行います。そのモデルといつのものかによって、基準となる通常時の金額の目安をつかんでおきます。これよりその上を行くほど条件が良くなければ、鑑定額を減らすというような手順で処理を行っていくのです。

一定レベルでの価格に関しては中古車ショップの方で基礎的な数字を持っています。これは業者間だけで見られるもので、その額面はその車と年式から記されているものです。しかしながら、このプライスはあくまで基本的な数字であって、それ以上の意味はないのです。プラスして、その価格より高い価格で買取して頂けたり、もしくは安い価格で売る羽目になったりする場合も間違いなく存在します。

買取ショップの方にしてみれば限界まで安く買い取りたいので、お店にもよりますが基本的な買い取り額を提示したうえで、もっと低価格な方に話を持っていこうとします。こちらの気持ちとしてはできるだけいい条件で手放したいので、ここでの交渉ではしたたかに話題を進めていくのがいいと思います。あるいは、売却に関しての見積が合意できなかった時などは繰り延べし、話を棚上げ状態としておきます。そして別の買取ショップとやり取り進めていくわけです。

そこでもし額面的にもっと高額となり納得できたなら、先の業者とのやり取りは終了となっても問題ないはずです。言い換えると、売りたい方が気に入るようにやり取りを進めていけばイイって訳です。何があってもしてほしくないのは、あせって売値を決定してしまい、後になって後悔をすることです。プライスは限りなく強気な出ていった方が後悔しないでしょう。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月12日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。