改めて「中古車を売る時の残債」のいろいろ

車買い取りのお店に評価をしてもらったものの、残債を完済できていない事も考えられます。そういった時は、売り払いたいクルマの持ち主が貴方自身なのか誰か別な方であるのかどうか取りあえずチェックしておくことが必要となります。

実際のところ、所有者についてどれを見たらいいのかと言えば、「自動車検査証」に記載のある名前がクルマの所有者という事であります。

車を購入する時に銀行等が提供するローンを設定した場合は、この車検証に記載されている氏名が自分のお名前になってるはずですが、自動車ローンを設定されたのが信販会社であった場合だと氏名がその信販会社の記載となる筈です。信販系で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形で信販会社を持ち主として記載するのかというと、その答えは返済が滞った時に、スグにクルマを差し押さえして確保することを考えているからです。

そういった理由で持ち主名義がクレジット会社にある時にはそちらのマイカーを好き勝手に売却はできないのです。とにかく売却したいのであればまず残債を全て支払するかローンの設定し直しをすることで持ち主を貴方の氏名に変えた上で手放す必要があります。ですが、現実問題このような手続きが可能なのは現在持っている資金が豊富にある時に限られます。それでは現金があまりない時はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

こんな場合は、見積もり査定をおこなっていただいた中古車買取ショップに相談すれば、マイカーの買取価格から残った支払い分をキレイにし、所有者のところを貴方自身の氏名に直して頂くことが可能です。手続きも完全に買取ショップに任せることができますので大丈夫です。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月8日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。