例の車買取、事故歴と修復歴のいろいろ

古くなったくるま買い取りをお願いしたときは、初めに見積もりを受けることとなります。その場合の見積もりの方は買取専門ショップの人が行うわけですが、自動車マーケットの値段等から計算されるものとなります。

通常、ユースドカーとして売りに出されている値段の20~30%くらいが買取額と言われていますが、人気の車だったり、珍しい車だったりする場合には高い査定が出るケースもあるでしょう。それと、製造年が新しい方がやっぱり高く売れます。一方、そのような買取額はそのマイカーが万全な状態の場合であって、完全じゃない時には低い査定となります。中でも事故の跡などは見積にかなり響いてきます。

修復歴といっても定義が微妙ですが、基本的に自動車の基礎であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントを起こしたくるまは事故車として扱われます。そうした事故歴のある車はその後なにかしらの悪影響が現れるという危険がありますので、見積ではダメなものとなってしまいます。その一方、フレームの方にまで影響がなく、外装を修復した程度なら問題ありませんが、しかし事故歴はついてしまいます。

勿論、修理歴は付くのでマイナスの害はあるのですが、事故車より低く見積もられることはありません。あと、エンジン等にトラブルが出ている場合にもマイナスに審査されますし、常日頃からの手入れの状態が見積金額に関わってきます。

そのあたりはシロウトには見分けはつかないのですが、見積もりをおこなう買い取りの専門店はしっかりその辺りも確認してくるでしょう。

どちらのケースでも修理歴としてはないということが車査定を上昇できるかどうかの条件となってきます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年8月3日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。