例の車売却とオークションのことを考えてみた

マイカーを売る段取りは、これまでは新車販売店が行う下取か、中古車取扱店への売却というのがポピュラーでした。付き合いの長い新車ディーラーに下取ってもらい、目当ての車をゲットする方がそれまでは多かったようですが、今現在この方法をセレクトする方は少数派です。下取の場合が、一番トクしない可能性が皆さんに知られてしまったことと、「オークション」に参入するという新しい手段が知られ始めているからです。

中古自動車メインのAuctionが催されていて、古い車のお店や別のディーラーもそこで売買をしているのです。一般の方は参入不可能ですが、代行の業者を使うことで、普通の人もお持ちの車を「オークション」で引き渡しが出来るようになりました。もう一方のやり方であるユーズドカー専門店に対する売却手続きとしては、まずは車を見積もっていただき、納得した売値を示してもらえたなら契約の成立という流れです。

中古車のお店は、このように買取した中古車をちゃんと直して自分の店で売却したり、競りに出してみたりします。どのような手立てを選ぶのかは自由ですが、何れを目指しているかによってベストな方法は変わります。絶対に少しでも高い価格で売り渡したい、ってことであったら、オークションの代行専門業者に頼むのが最高に高く売れるのではないかと思います。とは言っても安堵して引き渡したい、信用できるショップに買取してもらい、大切に乗ってくれる人に売却希望というのであるならば、下取もしくはユースドカー専門ショップの方が心配ないでしょう。

代行専門業者に依頼した場合、売却するまで保管の料金を考慮しなくてはいけないので、販売に時間がかかるならコストが高額となる危険性があります。中古自動車専門ショップなら買いたい方が見つかる前に売却額をもらうことが出来るというメリットがございます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月2日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。