例の中古自動車査定制度のこと

古い車の下取りや買取の際には、必ず査定をやります。この場合の査定とは、消費者から買い取りや下取りの際に冷静な評定を下すための作業であり、その為にはいろいろな方から理解され、加えて合意された手続きをしないといけません。とは言っても、客側からしますと、審査がどんなふうに実施されているのかちゃんとは把握していなかったり、正当な段取りで実施されているのかは案外認識することが難しいものです。とはいえ、査定というのはお車の価格を決断する非常に決め手となる過程な訳なので、考え方やその方法に種々のものがあれば社会がパニックとなる要因ともなるわけです。

そうしたパニック状態を発生させない為にも日本自動車査定協会という機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会というのは、しっかりとした査定が浸透するように機能している団体であって、お客さんが無事に査定に提出でき、しかも満足のいく土台作りの活動をしています。

具体的な中身としては、例えば健全な査定士を育てるためにテストを実施しており、査定協会が実行している学科やスキル研修を受けて頂き、それから査定士技能検定試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。更に査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした見識や義務でもって消費者のクルマの審査をおこないます。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を保持している者が鑑定をしますので、我々も悩まずに下取りや買取に車を出すことが可能となるのです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月10日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。