使用した車の買取に関しては残債の終了前だったケースでも良いの?見ていきましょう

使用した自動車の買取り業者に品定めをお願いしたものの、ローンが残したままであるといったこともあり得ます。そのような時には、その売りたい中古の車の持ち主がご自身であるのか、誰か別な方なのかどうか先に見ておくことが肝心です

実際に、持ち主に関してどれを見ていけば分かるかというと、自動車検査証に記載されている名前の方がその使用済みの自動車の名義の方となるのです。

車を買うタイミングで銀行系の分割払いを設定した時には、この「車検証」に載っている氏名がご自身の氏名になっていると思いますが、ローンを組まれたのが信販系の会社などの際ですと氏名がそちらの名前となる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どうしてこんな形でその会社を名義人として記載しているかと言えば、その理由としては返済がストップしても、すぐにそのお車を差し押さえして確保することを考えているからです。

このような事情で所有者名義が信販会社になっている際はその自動車を好きなように売却は出来ないのです。何が何でも売りたいなら返済を全て完済するか支払いローンの組み替えをすることで持ち主を貴方の名前に変えた後で手放すことが必要です。さりとて実際こんな事が出来るのはその時点で手持ちの現金が余りある時になってしまいます。ではキャッシュが不足している場合はどういったやり方が望ましいでしょう。

そのような際は格づけをやってもらった使用した自動車買取り業者に事情を話すと、使っていた車の売却額から残債の支払いの分を完済させ、持ち主の欄をご本人のお名前に直してもらうことが出来るという訳です。手続きに関しても全てにおいて買取り業者にオマカセ可能なので問題ないです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年6月20日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。