今日は車のリサイクル料のこと

自分のクルマのを売り払うときの手段としては買い取りと下取りの両方が存在します。下取の場合は次のマイカーを手に入れると一緒に今までの自分のくるまのを買取して貰うというものです。主に新車のディーラーが引受をすることになるため価格の方はわりと低価格に見られがちです。

もう一方の買い取りのケースはくるま買い取り専業店がするもので、ユースドカーという名目で店頭に陳列することを前提として引き受け価格を決めるので、どちらかというと高値での引き受けが望めるでしょう。何れにしても愛車を売る事であり、売却する前に引受価格を決定するための見積もりが行われます。

審査をして頂くとして気に掛かるのが「リサイクル料」です。マイカー鑑定で出してもらう値段というのは自分のくるまのそれ自体の金額、お車に附随するリサイクル料とか自賠責保険等々入れたプライスの2つの種類が御座います。「リサイクル料」は中古車を入手した際、もしくは「リサイクル料」が未納の時には車検の時に支払いとなるもので、のちに自動車を廃車にして解体処分する場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルするさいの代金となって使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう時にJARSから支払われることとなります。

コストは、軽自動車なら8000円程、国産車で1万円程、外車とかで15000円位、そのほかで20000円程を入れる必要性があったりします。たいがいの車引受けの場合、これらのリサイクルの代金をくるまの引き受け値段とは別で買取られる事となるワケですが、リサイクルの料金を入れて引取りプライスとなっているケースも有り、引受を依頼する場合は事前に確認しておくことが大事なこととなります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年8月21日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。