今日は日本自動車査定協会の役割について

中古自動車の下取りや買取の際には、間違いなく査定をするものです。この査定とは、お客さんから買い取り・下取時にまともな鑑定をするための処置であり、それをするためにはいろいろな方から認識され、かつ承諾された仕方じゃないとダメなのです。とはいえ、消費者側から見るのであれば、審査がどんな具合にやられているのかちゃんとは確認できてなかったり、適正な段取りでやられているかは案外知ることが難しいものです。しかしながら値踏みというのはユースドカーのバリューを決断するとっても重要な過程である為、考えや方法に色々なものがあると社会が混乱する原因にもなるのです。

そうしたパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という機関があり、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」とは、しっかりとした見積が浸透するように動いている団体であって、私たちが不安なく査定に出すことができ、そして満足のいく結果になるような制度を構築する取り組みをしています。

分かりやすい内容的には、例を挙げるとちゃんとした査定士を輩出する為の資格試験を実行しており、査定協会が実施する学科と実技の研修を受けてもらい、そうしてから査定士技能検定試験という試験に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、きちんとした見識や責務をもってお客さんの車の評価を行います。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している者が査定をおこないますので、我々も安心して下取または買取に愛車を提出することができるのです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年6月26日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。