今日は中古車売買

マイカーの売買契約時は最初にその車の見積もりをすることになります。その型式や何年式かによって基準となる状態でのプライスの目安をつかんでおきます。ここからその上を行くほど状況が悪ければ、鑑定額を減らしていくなどの順序で行われていくこととなります。

標準状態の価格に関しては買取のお店の方で基準となるデータを所有しています。コチラについては業者間でのみ見られるもので、その金額は車の型式や年式から記載されているものです。しかしながら、あくまでもこの数字は基準となる数字なのであり、それ以上の意味はないものです。プラスして、その価格より高い金額で買取を行ったりそれとも安く売る羽目になったりする場合も当たり前ですが出てくるのです。

買取店側からすると限界まで低い金額で引受けしたいので、ショップにもよりますがベーシックな買い取り額を示した上で、更に安値の方へと話をつなげようとします。売る方としてはいくらかでもいい条件で売渡したいので、この場合はしたたかに話を持っていくのが吉です。もしくは、買い取りについての額面が譲り合えなかった場合などは一度保留し、そこで話を中断しておきます。そしてよそのお店と調整をやっていくのです。

そこで仮に価格がより高値が付いて満足できるものだったら、先の店舗とのネゴシエーションは終了となっても気にしなくて良いです。言ってしまえば、売りたい方が満足できるようにやり取りを進めていけばイイって訳です。絶対にやめてほしいのは、急いで金額を決断してしまって、後で悔いるということです。売却額は限りなく強気ないく方が失敗しないと思います。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年3月11日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。