今回は車買取査定方法だそうな

古いくるま引取りを依頼したケースでは、一番初めに値踏みを受ける事になります。その場合の鑑定に関してはお店のの人がおこなう訳ですが、ユースドカーマーケットの相場などから算出されるものとなります。

だいたい中古のくるまとして売られている額の2~3割位が査定額となっているようですが、売れ筋のクルマだったり、珍しいクルマ等の時には高プライスが付く場合もあるようです。その他、年式が新しければ新しいほど高くなります。一方でそういった見積価格はその車がパーフェクトな状態のときであって、パーフェクトではない時だと低い査定となります。中でも修理の跡は査定に相当影響します。

修復歴といっても定義があいまいですが、基本的に車両の基礎であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントを経験してしまったお車は事故車扱いになります。そういった事故歴のあるくるまはその後何かしらの悪影響が出現するというリスクが有るので、買取額では短所になるのです。その一方、フレームの部分にまで影響がなく、外見を修繕した程度であれば問題ないのですが、それでも修復歴としては付いてしまいます。

無論、修理歴がついてしまいますので良くない影響は有るわけですが、事故車より低く値踏みされることはないでしょう。あと、エンジンやギアなどに問題が発生している際にもマイナスに見積もりされますし、常日頃の手入れの良し悪しが買取の値段に影響されます。

このあたりはトーシロにはわからないところですが、値踏みをする業者ではしっかり状態をチェックの対象としてきます。

いずれにしても修復歴はないということが古くなった愛車の買取額を上げられるかどうかのポイントになります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年7月26日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。