今回は車買取と下取

くるまを売却したいケースでの方法は買取りや下取りなどの種類が存在します。下取に関しては、おニューの所有車を入手したと同時に、それまで自分のクルマを引受けしてくれるものです。そのくるまが運転が可能なクルマだとしたら値段が付きますが、古いクルマであった時だと逆に処分のコストを要求されるケースも考えられます。

下取に関しては、専門ショップが買い取りをするという事ではない訳ですから、望むような価格での買取りは厳しいかと思いますが、おニューの車と取り替えるような感じで乗り換えすることが可能だという良い面があります。その一方買取はといえば、専門で行っている自動車買取り業者に依頼して買取してもらうものです。手続きがややこしいなどの短所もありますが、買取された愛車は中古自動車となって流通されるのが元々決定事項ですので、比較的希望価格での譲渡が期待できると思います。

買取、下取どちらのケースでも契約の場合には色々な書類を先に準備することが必要となるでしょう。必要書類の種類には自動車検査証と車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。さらに印鑑証明と実印、住民票といったものも必要となります。

買い取りの時は委任状と譲渡証明なども使用するかと思いますが、これらに関しては買取専業店が用意してくれるはずです。手続きを依頼するこちら側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票そして印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定の時にもそれらが見られるので、紛失の場合にはもう一度発行して頂くことが必要となります。

万が一紛失していても審査自体はしてもらうことはできますが、その場で即引取りはおこなえないので査定金額に何か影響が出てしまいます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年7月23日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。