今回は車を売る時のローンの残りだそうな

自動車買い取り専門店に鑑定をしてもらったものの、残債を残したままである事もあり得ますよね。そんな場合は、売却予定の愛車の所有が貴方自身なのか別の人であるのかを第一にチェックしておくことが必要となります。

実際に、所有権はどの辺を確認したら分かるのかと言えば、「車検証」に記載されている氏名が愛車の所有権者という訳です。

くるまを購入した時点で銀行などのローン支払いを設定された場合は、この車検証に記載されているお名前が自分の名前になっていますが、ローンを設定したのがクレジット系の会社である時には名前がローン会社の名前になるはずです。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこういった形でその会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、回答としては月の払いが滞納された場合に、スグに愛車を担保という形で確保するためです。

こんな理由で持ち主名義がクレジット会社となっているケースではそちらの所有車を好きなように売る事はできないのです。どうしても売却したいならまずは残債を完全に終わらせるか、割賦契約の組み替えをすることで所有権者をご本人に変えた後で売却することが必要です。とはいえ現実問題こうした事が出来るのは今現在持っているキャッシュが余りある場合に限定されます。だとしたら資金が足りないケースではどうしたら良いのでしょうか。

そんな場合は、鑑定をやってくれたマイカー買取店にご相談頂けますと、愛車の買値から残りの返済分を完済し、持ち主をご本人の名前に変えて貰うことが出来ます。手続きの方もすべて買い取り専門店にオマカセできますから大丈夫です。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月13日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。