中古の自動車の買い受けプライスに修理歴というものはどれぐらい影響してくるのか見ていきましょう

使用していた自動車の買取りの方を頼んだときは、まずはじめに品評を受けることになります。その格付けについてはお店のの方がするわけですが、自動車マーケットの値段等から値段が出されるというものとなります。

普通は中古車として売り出されている値段の20~30%くらいが買取の金額と言われているようですが、好評な車ですとか、珍しいクルマでしたり等のケースでは想像以上の高い見積額がつくケースもあるでしょう。ほかにも、年式が新しいほど高くなります。一方でそういった見積価格は使用ずみの自動車が万全な状態の場合であって、問題があるときだと低く見積もられます。特に修復の跡なんかは見積もりにとても関係してきます。

事故車というのも定義が曖昧ですが、基本的には車の骨組みであるフレームの部分まで駄目になっているようなアクシデントを起こしてしまったくるまは事故車という事になります。そのような修復歴のある車はあとから何らかの被害が出てくる危険が存在しますので、見積もりに関してはダメなものとなります。とはいってもフレームの部分まで影響がなく、外見をリペアした位ならならないのですが、ですが事故歴はついてしまいます。

勿論、修理歴が付くわけですから負の影響は有るわけですが、事故車より低い査定となることは無いです。あと、エンジンなどにアクシデントが起こっている時もマイナスに審査されますし、普段の整備の状況がプライスに関係してきます。

そうしたところはトーシロには分からない部分ですが、評定を行う専門会社はシッカリその辺を確認してくる筈です。

どちらの場合でも修理歴としては無いことがマイカー買取の値段においてはアップできるか否かのポイントになります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年4月18日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。