不要車を処分する時のやり方についてですが、こちらのページでしっかりわかっておきましょう

使っていた自動車を売りはらうときの手段としては下取りと買取りの2つが御座いますね。下取の場合はおニューのくるまを手に入れる時に今迄お乗りのユースドカーを買上していただくというものです。たいてい新車の販売会社が買取をしますので売却額はどっちかというと低めになりやすいです。

一方、買取りのほうはユースドカー買取り専門の業者がするもので、ユースドカーとして店頭に陳列することを前提として買上げ金額を決定するため、わりと高プライスの買取が望めます。どっちにしてもユーズドカーを売却する事であり、その前に買取プライスを決めるための審査額がおこなわれることとなります。

見立てをしていただく場合に気になるのはリサイクル料となります。使った車の見立てで出してもらう額というのは自分のクルマの本体のプライス、自分のくるまのに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを入れたお値段の2つの種類がございます。リサイクル料については使っていた車を入手した時、またはリサイクル料が未払いの場合には車検を通した場合に支払いになりますので、将来的に中古車を廃車にして解体処分する時に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルするときの費用となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分する際にJARSから払われることとなります。

その場合のコストはおおよそ、軽自動車なら8000円程、国産車の場合で10000円程、外国製自動車などで1.5万円ほど、それ以外で約2万円ほどを納める必要がございます。たいがいのクルマ引き上げですと、そうしたリサイクル料を使用した自動車の引き受け値段とは別ということで引取られる事となるんですが、リサイクルの代金をいれて引受け値段であるというケースもあり、引き取りを望んでいるさいにはあらかじめ確認しておくのが求められます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年4月30日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。