下取りと買取りの手続きにおいてはどっちの方がオトクでしょう!?そちらについてチェックしていきましょう

使った自動車を売り払うケースでのやり方としては下取りと買取りのやり方があります。下取りに関しては、新しい自動車を入手したと一緒に、今までの不要車について引き受けて頂けるものです。その時点で乗車ができる状態であるならプライスが付くのですが、とても古すぎるクルマであったケースですと廃車にするためのコストを請求されるケースもあります。

下取に関しては、専業店が買取りするという事ではない訳ですから、希望するような値段での譲渡は無理だと思いますが、その次のクルマと取り替えるような感じで乗り換えすることが可能といった良い面があります。一方買い取りはといえば、それを専業としている車買取専業店に頼んで引き取って頂くものです。そのタイミングが難しいなどの短所も有るのですが、引取りされたくるまというのは使用済みの自動車という事で市場で取引されることがもとから決まっていますから、なかなかの高値での買い取りが望めます。

どちらの場合でも手続きの時は色々な書類をまずそろえておくことが求められます。その必要書類ですが、車検証の原本や自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。その他印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

譲渡の際は譲渡証明や委任状等も使用するかと思いますが、これらは買取専業店が準備してくれるでしょう。譲渡を依頼するコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票あとは印鑑証明を用意しておきましょう。値踏みしてもらう時もこれらについては見られるので、失くした際にはもう一度発行することとなります。

仮に失くした際でも査定だけは受けることが出来るのですが、即引受けはして頂けないので評価に悪影響が出るでしょう。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年4月9日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。