ユーズドカーを売り渡すときの段取りに関することを、こちらのページでじっくり理解しておきましょう

古い車を売りわたす際の手段というと下取り、そして買い取りの両方が有りますね。下取りのケースは次の中古車を購入する時、これまでのクルマを買い受けしてもらうというものです。大抵販売店が買取りをしますので売値の方はどちらかというと低目になりやすいです。

他方、買い取りのほうはユーズドカー買い取り専門ショップがおこなっているもので、マイカーとして販売することを前提として買取の値段を決めるため、どちらかといえば高めの買い受けが期待できます。どちらにしても中古車を売却することであり、引き取ってもらう前に買上げプライスを決定するための格づけがされることとなります。

審査額をして貰う際に気になるのがリサイクル料になります。古い自動車の見積りで示される価格としてはその自分の車のそれ自体のお値段、自分のクルマのについてくる自賠責保険やリサイクル料というものを入れた金額の二種類が存在します。「リサイクル料」は古い車を入手した時、もしくはリサイクル料が未納だったときには車検を通した場合支払いとなりますので、この先使っていた車を廃車として壊してしまう場合に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする時の代金として使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する場合自動車リサイクルシステムから支払されることになります。

代金は、軽自動車なら8千円ほど、国産車で1万円程、外国の車とかで15000円ほど、そのほかで2万円ぐらいを入金する必要があったりします。大抵の中古の自動車引き上げですと、これらのリサイクル料金を使用済みの自動車の買い上げプライスとは別個で引受されることとなる訳ですが、リサイクル代金を含んで買取り価格となっている場合もあり、買取りを希望という場合事前に確認しておくということが大事な事となります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年6月24日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。