ユーズドカーを処分する際の方法の事を、ここでしっかり見ていきましょう

使用済みの自動車を売りわたすさいの進め方といえば買取、そして下取の2つが御座いますね。下取の場合は次の自分のクルマのを購入する際にいままで乗っていた使った自動車を買い取りして頂くというものです。主には販売店が買取りをするため買い取り金額はどちらかというと低価格に見られがちです。

逆に買い取りのほうはお車買い取り専門店が行っており、不要車として売ることを前提に買上金額を決定するため、意外と高めの買い取りが望めます。いずれにしろ使用ずみの自動車を買い取ってもらうことであり、引き受けてもらう前に買い取りプライスを決定するための格付けが行なわれるわけです。

見たてを行う場合気になるのはリサイクル料になります。使用済みの自動車の見たてで提示される値段というのはその愛車本体の値段、自分のくるまのについてくる自賠責保険とかリサイクル料などなどプラスした金額の二種類があります。リサイクル料に関してはユースドカーを手に入れた時、又はリサイクル料が未納のときには車検を通した場合に支払いになりますので、後に使っていた自動車を廃車にして壊してしまう場合に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする時の料金となって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、壊してしまう際にJARSから支払されるということとなります。

その時のコストはおおよそ、軽で8千円程、普通車で約1万円、外国製自動車ですと15000円ほど、それとは別に20000円程を入金する必要性が有ります。大抵の使用した自動車買受ですと、そういったリサイクルの代金を使用していた自動車の買受け値段とは別で引き受けされることになるわけですが、リサイクル代金を含んで引受け額となってるケースも有り、買取を希望する時にはあらかじめ確認しておくことが大事な事となります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2017年4月13日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。