まさかの車査定「事故歴など」について

古くなったお車買い取りを依頼したときは、まずは値踏みを受けることとなります。その際の査定に関しては買い取りの専業店の査定士やり、ユーズドカーマーケットの金額などから金額がはじき出されることとなります。

通常、中古のクルマとして売られている値段の2~3割位が買取り価格とされているようですが、定評のあるくるまだったり、珍しいクルマであったりするケースでは高い見積額がつくなどの場合もあるみたいです。ほかにも、年式は新しいほど高値が付きます。ただ、そういった見積価格はその車が完全な状態の時であって、そうではない時だと低い査定となります。中でも特に事故歴は見積もりに相当関係します。

事故車といっても定義は微妙なところですが、基本的に自動車の本体であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を起こした車両は事故車扱いになります。そういった事故歴のある車はそのうちなにかしらの悪い影響が出るという危うさがありますので、買取額に於いては悪材料となります。とはいえ、フレームの部分にまで影響しておらず、外見を修復したくらいだったら無問題ですが、事故歴としてはつきます。

もちろん修理歴はついてしまいますのでマイナスの害はある訳ですが、事故車に比べ低く見積もられることは考えられません。それと、エンジンやギアなどにトラブルが起こっている時もマイナスに鑑定されますし、普段のメンテナンスの状況が買取額に関わってきます。

その辺は素人にはちんぷんかんぷんですが、見積もりをする買い取りの専業店の方ではシッカリそのあたりも見てくるでしょう。

どっちにしても修理歴としては存在しないことが古いクルマの査定が上昇できるかどうかのポイントになります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年8月1日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。