まさかの中古車査定と事故車のこと

自分のくるまの買取りを頼んだ際には、最初に鑑定を受ける事となります。その査定に関してはお店のの方がするわけですが、自動車マーケットの価格などから計算されることになります。

一般的に中古のくるまとして売りに出されているプライスの2~3割くらいが買取の値段となっていますが、人気のある車種であったり、珍しい車であったりする際には高い買取額が付くケースもあります。ほかにも、製造年は新しいほど高値が付きます。一方、そういった見積価格はそのくるまが万全な状態の場合であって、パーフェクトじゃないときには低く査定されます。中でも修理の跡などは買取金額にかなり響いてきます。

事故の跡とは言っても定義が微妙ですが、とりあえず車の骨組みであるフレームの方にまで及ぶようなアクシデントを経験してしまった車は事故車となってしまいます。こうした修復歴のあるくるまはあとからなにかしらの悪い影響が出るリスクがあるので、査定額ではダメなものとなるのです。とはいえ、フレームにまで影響が無く、ボディを直したくらいならならないですが、ですが事故歴が付きます。

モチロン修理歴は付きますので良くない害はあるものですが、事故車より低い鑑定額となることはないです。他にも、エンジンやギアなどに問題が起きているときもマイナスという事で見られますし、常日頃の整備の状況が見積金額に関係してきます。

そのあたりは傍目にはちんぷんかんぷんですが、値踏みをする買い取り専門店としてはちゃんとその辺りも見てくるでしょう。

どちらの場合でも修復歴としては存在しないことがお車鑑定額がが上げることができるかどうかのポイントになります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月23日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。