なんと!車売却とリサイクル料について

ユースドカーを売り払うときの仕方といえば買い取りと下取りのどちらかが御座います。下取の場合はおニューのクルマを入手する際一緒に前の中古車を買受して貰うというものです。たいていは新車の取扱店が引受けを行うので価格の方はわりと低めに見られがちです。

一方、買い取りの方は古い車の買取り専門の業者が行っているもので、中古車として売ることを前提に買取の値段を決めるので、どちらかというと高額の引受が期待できるでしょう。いずれにしてもユーズドカーを売却することであり、売る前に買取り額を決定するための査定がおこなわれます。

審査を行う場合気になるのはリサイクル料です。マイカー査定で出してもらう金額としては車それ自体の価格、自家用車に附随する自賠責保険とかリサイクル料など含めたプライスの二つの種類が御座います。リサイクル料は車をゲットした場合、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を受けた際に支払いとなるもので、将来的に自動車を廃車にして壊してしまうさいに必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルするための費用という名目で使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

代金は大体、軽なら8千円くらい、国産車だと1万円ほど、外車等だと1万5千円程、そのほかで2万円ぐらいを納める必要性が有ります。だいたいの自家用車買取りですと、そうしたリサイクル料をクルマの買取値段とは別として買い取りされる事となる訳ですが、リサイクル代金を入れて見積もり値段としてる場合も有り、買取りを望んでいる場合に先にチェックしておくのが大切です。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年8月9日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。