とうとうです、車査定と修復歴のことを考えてみた

古くなった自家用車譲渡を頼んだ際には、最初に値踏みを受ける事になります。そうした時の鑑定については買い取り専門店の担当者が行うわけですが、オークション市場の相場等から金額がはじき出されることとなります。

大体、ユーズドカーということで売りに出されているプライスの2~3割程が買取の値段となっているようですが、人気くるまであったり、珍しいくるまだったりする際には高い買取額がでるなどの場合もあります。その他、年式は新しい方がやっぱり高い金額となります。ただし、こうした査定額はそのクルマが完全な状態の場合であり、パーフェクトじゃないときだと低く査定されます。中でも修復歴は査定にかなり関係します。

事故の跡といっても定義が微妙ですが、基本的には自動車の本体であるフレームの方にまで及ぶような事故をしてしまったくるまは事故車扱いになります。そういった修復歴のあるクルマはその後何かしらの悪い影響が出てしまうという危うさがあるため、買取金額ではダメなものとなってしまいます。とはいえ、フレームの部分にまで影響がなく、外見を修繕した位であれば問題ないのですが、ですが修復歴としてはつくことになります。

もちろん修理歴としては付くわけですからマイナスの影響があるのですが、事故車よりも低い鑑定額となることは無いです。ほかにも、エンジンや変速機などに面倒が発生している時もマイナスに見られますし、通常の維持管理の状況が査定額に影響してきます。

このへんは素人目にはわからないところですが、見積もりを行う買い取り専門店としてはキッチリその部分もチェックの対象としてきます。

どちらにせよ修理歴が無いという事が古くなったくるまのプライスを上げることができるかどうかの条件となってきます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月22日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。