とうとうです、中古車を売る時の「残債」とのことだけどどうなんでしょう

愛車の買取ショップに評価を依頼したはいいけど、支払いを払いきっていない場合もあり得ます。このような際には、売るつもりの愛車の所有が貴方自身なのか別の人であるかについて始めに確認しておくことが必要です。

ホントのところ、持ち主についてはどれを確認するといいのかと言えば、車検証に記載されているお名前の方がくるまの持ち主となるのです。

自動車を購入した時点で銀行等が提供するローン支払いを組まれた時には、この「車検証」に記載のあるお名前がご自分のお名前になっていますが、ローン支払いを設定されたのが信販会社だった場合だと氏名が信販会社の名前となっているのです。信販系でローンを組む場合になぜこのような形でその会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その答えは支払いが滞ったりしたら、すぐに愛車を担保という形で確保することを考えている為です。

こんな理由によって持ち主名義が信販会社になっているケースではそちらのくるまを好きなように売ることは無理なことです。それでも手放したいなら支払いを全部終わりにするか割賦契約の組み換えによって所有権をご自分に変えた後で売る必要があります。さりとて実際にこういった手続きができるのは現在手持ちの資金が沢山あるケースになってしまいます。それじゃあ現金がないケースではどのようにしたら望ましいでしょう。

そのような場合は、審査をしていただいたお車買取店にご相談頂けますと、クルマの買取価格から残債分をキレイにし、所有者の部分をアナタの氏名に変えていただくことが可能です。手続きの方も全てにおいて買取ショップに任せることができますので問題ありません。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月14日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。