ついでにローンが残っている車の売却について思うこと

くるま買取ショップに評定をお願いしたものの、割賦払いを完済できていない事も無くはないでしょう。そうした際には、売ろうとする愛車の所有が貴方自身なのか別な方なのかどうかについて第一に確認する必要性があるのです。

実際、持ち主についてはどこを見ると分かるのかと言えば、「車検証」に記載のあるお名前の人がマイカーの所有者という事であります。

自動車を購入する時点で銀行が提供しているローン支払いを設定された時には、この「車検証」に載っている氏名がご自分の氏名になっているのですが、分割払いを組んだのがクレジット会社であった場合だと名前がそちらの記載となっているのです。信販系で割賦契約を組む場合何故このようにクレジット会社を所有者として記載するのかというと、その答えは支払いが滞った場合、即車を差し押さえて確保することを考えているからです。

そうした訳で所有権がローン会社となっている時にはそちらのお車を自分勝手に売る事はできません。何が何でも売却したいならまず返済をすべて終わりにするか分割払いの組み換えによって所有者をあなたの名前に変えた上で売却することが求められます。ですが、実際にそうしたことが可能なのが現在お手持ちのキャッシュがたくさんある時という事に限られます。それでは現金があまりない人はどのようにするのがよろしいのでしょうか。

そういった時には鑑定をやって頂いたくるま買い取りのお店にご相談頂けますと、くるまの売却額から残債分を賄い、所有者のところをご自分のお名前に直して頂くことが出来ます。手続きも全てを買取店にオマカセできますから心配ないです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年7月12日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。