そうれ!ローンが残っている車の売却だそうな

クルマ買取ショップに値踏みをしてもらったのはいいけれど、支払いを完済できていない事もあるかもしれません。こうした際には、買い取って欲しい車の所有があなた自身なのか誰か別な方なのかどうか何はともあれ見ておくことが必要です。

実際に、所有者が誰かについてどれを見れば良いのかというと、「自動車検査証」に記載されているお名前の方が車の権利者という訳です。

自動車を購入した時に銀行が提供しているローンを組んだ際は、こちらの自動車検査証に書かれている名前が自分自身の名前になっていますが、割賦払いを設定したのがクレジット系の会社である時には氏名がローン会社の記載になっているのです。クレジット会社でローンを組む場合にどうしてこのようにその会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、回答としては月の払いが滞納されたときに、直ちに愛車を担保として確保することを考えているからです。

そういった訳で持ち主名義が信販会社になっている時にはそのクルマを好きなように売ってしまう事はできません。どうあれ売却したいのであればまずローンを全て支払するか支払いローンの組み替えをすることで所有者をご自身に変更した上で売却をすることが必要です。しかし、実際にこうしたことができるのは今持っている現金が余りある時という事に限定されます。だとしたら資金が足りないならどうすることが望ましいでしょう。

そのようなケースでは買取査定を行ってくださったマイカー買取店に話してもらえると、クルマの売却の金額から残った支払い分をキレイにし、所有権者をあなたの氏名に直して頂くことができるというワケです。手続きについても全てを買取専業店に任せることが可能なので大丈夫です。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年7月6日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。