これは・・・「中古自動車査定制度」について調べてみた

所有車の買い取りや下取りの時には、間違いなく査定をさせて頂きます。査定とは、消費者から下取や買取の時にきちんとした評価をするための処置であり、それにはいろんな方たちから納得され、加えて了解された仕方をしないと良くないのです。とはいえ、客側からすると、査定がどんなふうにされているのかきちんと確認できてなかったり、しっかりした段取りで調査されているのかはどうしても把握することが難しいものです。ではありますが値踏みというのはマイカーの値打ちを決断するめちゃくちゃ大事な過程なので、考えややり方にさまざまなものがあると世間のパニックの一因にもなるのです。

そういった騒ぎを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会は、厳正な審査が行き渡るように取り組んでいる協会であり、お客さんが信頼して査定に提出でき、加えて満足のいくシステムを構築する動きをしています。

実際の内容的には、例を出すとちゃんとした査定士を増加させるための試験をおこなっており、査定協会が行っている学科及びスキル研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験という試験に合格することで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。その上で査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、健全な知識や規律をもって消費者の所有車の品定めをするのです。つまり適正な査定のための資格を持つ人間が評定をしますので、消費者も不安な思いをせずに下取りや買取に出すことが可能となるわけです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月4日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。