これこそ車の買い取りとリサイクル料金ってどうでしょう

自動車を売る際の仕方としては下取り、そして買い取りが存在します。下取りのケースというのはおニューの自家用車を入手する代わりに今迄のくるまを引き取っていただくというものです。だいたい新車販売店が買取を行うため売値としてはわりと低めになるケースが多いです。

他方、買取りの方はユーズドカー買取専業店がおこなっており、ユースドカーという名目で売却することを予定に引取りプライスを決定するため、どっちかといえば高値での買い取りが望めます。どっちにしても自分のくるまのを引き受けてもらうことであり、、売る前に引受プライスを決めるための見積もりが行われます。

鑑定をおこなう場合気に掛かるのはリサイクル料となります。所有車見積もりで出してもらう価格というのは所有車それ自体のプライス、くるまについてくるリサイクル料や自賠責保険等含んだ価格の2つの種類があります。リサイクル料はお車を手に入れた場合、若しくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を受けたさいに支払われるもので、将来、中古車を廃車として解体する場合必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルするときの代金として使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、処分するケースでJARSから支払われるということになります。

費用はだいたい、軽自動車で8千円程、国産車だと1万円ほど、外国の車とかで約1万5千円、そのほかで2万円ぐらいをいれる必要があったりします。たいていの車引取りでは、こういったリサイクル料金を自動車の買取りプライスとは別として引受されるというようなことになるのですが、リサイクルの料金を入れて引受金額となっている場合も有り、買取りを希望するケースでまえもってチェックしておくのが大事なこととなります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月27日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。