これこそ中古車査定と事故歴の感想、所感

マイカー買い取りを依頼したときは、最初に見積もりを受ける事になります。その際の見積もりについては買取ショップの査定担当者がおこなう訳ですが、オークション市場の金額等から計算されるものとなります。

一般的に中古のくるまとして売られているプライスの20~30%ほどが買取プライスとされていますが、人気クルマだったり、珍しい車である場合には高プライスが出るなどの時もあるみたいです。ほかにも、製造年が新しいほど高い金額となります。一方、そういった買取の値段はお車が万全な状態のケースであり、そうじゃない場合にはマイナスに査定されます。なかでも特に事故歴等は買取金額に相当影響します。

修理歴といっても定義が微妙ですが、基本的にはお車の骨組みであるフレームの部分まで駄目になっているような事故を経験してしまった車はこれに当てはまります。そのような修復歴のあるくるまはいつか何らかのマイナスの影響が出てくる危険があるため、買取り価格においては駄目なものとされてしまいます。その一方、フレームの部分まで影響が無く、ボディを直したくらいなら大丈夫なのですが、しかし修理歴がついてしまいます。

モチロン修理歴が付く訳ですからマイナスの影響が有るのですが、事故車に比べ低い鑑定額となることは無いでしょう。他にも、エンジンやギアなどに問題が起きている際もマイナスとして査定されますし、日頃のメンテナンスの状態が見積金額に影響してきます。

そのあたりは傍目には見分けはつかないのですが、審査をしている買い取り専門店の方ではきっちりその辺を見てくるでしょう。

どちらにしても修理歴は存在しないことが古くなった車のプライスを上昇できるかどうかのポイントとなってきます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月17日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。