これこそクルマを売る時の査定とのことだけどどうなんでしょう

マイカーの買取となると、まず先に見積もり査定をおこないます。車の種類と年式とで、ベースとなる標準状態の金額の理解をしておきます。それよりその上を行くほど状態が悪いのであれば、鑑定額を少なくするという工程で処理を行っていくのです。

一定レベルでの価格に関しては買い取る側で基本となる数値を所有しています。これは業者同士だけで回されているもので、そのプライスはその車と年式から記載されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それだけの意味しかありません。それに加え、そのプライスよりも高い金額で買取を行ったりまたは安く買い叩かれたりの事だってどうしてもあるわけです。

買取ショップの方にしてみれば限界まで安値で引受けしたいので、お店にもよりますが基準となる買い取りの価格を示した上で、もっと安い方向へと話をつなげようとします。売る方としては少しでも高く引き渡ししたいですから、このケースでは一気に攻めていくのがイイですよ。はたまた、引き取りに関する値段が合意できなかったケースであれば繰り延べし、話は休止状態とします。その上でまた別の専門ショップと交渉をしていくわけです。

例えばここで金額が更に上げられて満足できるものだったら、最初のお店との交渉は決裂でも気にせずOKです。つまり、売り手が納得がいくように話し合いを進めていけば良いというわけです。何をおいても避けなければならないのは、急ぎ足で値段を決断してしまって、後々後悔をすることです。プライスはなんといっても強気で話をした方が後悔はしません。”

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年6月4日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。