きましたね車のリサイクル料に関して

自分の車のを売るさいの手続きには買取、そして下取というのが御座います。下取りのケースは次のくるまを入手するかわり、これまでのくるまを買い受けしてもらうというものです。大概新車ディーラーが買取りをすることになるので価格の方は割と低めに見られることが多いです。

一方で買い取りの方は車買取専業店が行っており、ユーズドカーという名目で売ることを前提に引き取り金額を決定するので、割と高めの引き受けが望めます。いずれにしても自分のくるまのを引き受けてもらうことであり、、売る前に引受け価格を決めるための査定がされることとなります。

値踏みをして貰うとして気になるのはリサイクル料となります。ユースドカー鑑定で提示される値段としてはその自分の車の本体の額、ユースドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料など入れた値段の2つの種類が御座います。リサイクル料についてはマイカーを買った場合、または「リサイクル料」が未納だった時には車検の場合に支払いとなるもので、将来、自分の車のを廃車にして壊してしまうさいに必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルする為のコストとして使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する場合自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

代金は、軽だと8千円くらい、国産車の場合で1万円くらい、外国製自動車などで1万5千円ほど、それ以外で20000円程を入れる必要性がございます。大概の自動車引き受けでは、こういったリサイクルの代金をマイカーの引き受け金額とは他のものとして引き取りされる事となるんですが、リサイクルの代金を含んで引受け値段だという場合も有り、買取りを望んでいるケースでまずは確認しておくのが大切な事となります。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年8月15日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。