お待ちかね、中古車査定と事故車だそうな

古い中古車引受けを依頼した際は、最初に見積もりを受ける事になります。その鑑定の方は買い取りの専業店の方がするわけですが、自動車マーケットの価格などから算出されるものとなります。

大体、中古のクルマということで販売されているプライスの20~30%程度が買取の値段と言われているようですが、定評のある車だったり、珍しい車種等のケースでは高い買取額が出るなどの時もあるでしょう。また、年式は新しければ新しいほど高く売却できます。ただし、そのような買取り価格はそのクルマがパーフェクトな状態の場合であり、パーフェクトではないときにはマイナスに査定されます。特に修理歴などは査定にとても関係します。

修理の跡とは言っても定義が微妙ですが、基本的には自動車の基礎となるフレームの部分にまで駄目になっているような事故をしてしまったお車は事故車扱いになります。この事故歴のあるくるまはそのうち何か悪い影響が現れるリスクがありますので、プライスにおいてはダメなものとなるのです。他方、フレームの方には影響が及ばず、外装を修復したくらいであればなりませんが、でも修復歴としてはついてしまいます。

無論、修復歴としてはついてしまう訳なのでデメリットの影響が有るわけですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはないでしょう。それと、エンジンや変速機などにアクシデントが発生している場合もマイナスに見積もりされますし、普段の維持管理の状況が査定額に関わってきます。

この辺は素人目にはちんぷんかんぷんですが、見積もりをする買取専業店の方ではキッチリと状態をチェックしてきます。

どちらの場合でも修理歴としてはないことが中古車買取額が上昇させることができるか否かの条件となってきます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年5月19日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。