お待ちかね、中古自動車査定制度について思うこと

中古車の買い取り・下取時には、間違いなく査定をしてもらうかと思います。査定イコール、お客さんから下取・買取時にフェアな評価を下す為の作業であり、その為にはいろんな方たちから納得され、尚且つ承諾された仕方じゃないとまずいのです。とはいえ、こちら側からすれば、鑑定がどのように実施されているのかちゃんとは認識していなかったり、正当な方法で実施されているのかは案外把握することが困難なものです。そうだとしても見積の方はマイカーの価値を決めるめちゃくちゃ大切な工程な訳なので、方法や考えに色々なものがあると社会がパニックとなる原因にもなってしまうわけです。

そういった混乱を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、厳正な鑑定が行われるように活動している協会であり、我々が信頼して査定に出すことができ、加えて納得できる結果となるシステム作りの動きをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すとしっかりした査定士を育てるためにテストをおこなっており、査定協会がおこなっている学科さらにはスキル研修というものを受けて、その後査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした基礎的なものや規律をもって私たちの所有車の品定めをしていきます。要は適正な見積のための資格を有している者が鑑定を実施しますので、客側もリラックスして買い取りや下取りに出すことが可能となるのです。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年4月7日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。