あの車査定の事故歴などについて

古いマイカー売り渡しを依頼した時は、まずは値踏みを受ける事となります。その際の審査については買い取り専門店の人が行い、ユースドカーマーケットの相場等から値段が出されることになります。

普通は中古車として売られている価格の2~3割程が買取の金額とされているようですが、人気のくるまだったり、稀少車種などの時には高い買取額がでる場合もあります。ほかにも、製造年が新しいほど高額となります。ただし、こういった査定額はそのくるまがパーフェクトな状態の場合であり、そうではないケースだと低い鑑定となります。特に修復歴は買取額に大きく響いてきます。

事故車といっても定義はあいまいですが、とりあえず自動車の骨格であるフレームにまで影響しているような事故を経験してしまったお車は事故車という事となります。こうした事故歴のある車はあとからなにかしらの悪影響が出る危険が有りますので、見積価格ではダメなものとされてしまいます。他方、フレームの方にまで影響がなく、外装を修繕したぐらいであればなりませんが、修復歴はつくことになります。

無論、修復歴が付くわけですからマイナスの影響が有るものですが、事故車に比べて低い査定となることはありません。その他、エンジンやギアなどに問題が出ている場合もマイナスとして見積もりされますし、通常の点検整備の状態が買取金額に関わってきます。

そのあたりは素人目には分からない部分ですが、鑑定を行う買取専業店としてはちゃんと状況をチェックの対象としてきます。

どちらのケースでも修復歴がないことが中古車見積金額を上昇させることができるか否かの条件となってきます。

Date
Categories
Tags
パーマリンク
Status

公開日:2016年7月29日

車査定

Bookmark the permalink

コメントとトラックバックは現在受け付けていません。